UVコーティングが人気な理由|最新のお家情事

UVの照射で固まる塗料

空き部屋

仕上がりが美しく長持ち

樹脂の中には、UVという一種の光エネルギーを与えることで、液体から個体の状態へと変化するものもあります。その樹脂をフローリングなどに塗るという屋内工事が、UVコーティングです。UVの照射によって固体になるわけですから、逆に言えば照射しない限りは、塗料は液体のままということです。そしてUVは、専用のライトの使用で、任意の場所に照射することが可能となっています。つまりUVコーティングでは、都合に合わせてタイミングと場所とを選ぶことができるわけです。塗った瞬間から固まり始める塗料と異なり、ムラなく塗ってから固めることになるため、必然的に仕上がりは美しくなります。また、塗料の中には自然に固まるまで24時間以上かかるものもあるのですが、UVコーティングなら照射後は数秒で固まります。その分作業が早く終わりますし、フロアの使用も早々に再開することができるのです。さらに、頑丈で簡単には擦り減ったり剥がれたりしない点も、UVコーティングのメリットのひとつとされています。樹脂には、衝撃や湿気に強いという性質があるので、上に重い家具を設置したり飲み物をこぼしたりしても、劣化しにくいのです。その分耐用年数も長く、通常の使用で20〜30年ほどは効果が持続します。耐用年数の短い塗料を塗った場合と比較すると、塗り替えの必要性が生じにくいので、かかる手間や費用が少ないという点からも、UVコーティングは注目されています。

美しい床を保つため

床

フロアコーティングには大きく分けて5つの種類があります。床を傷から守る効果が高いUVコーティングや安くフロアコーティングを導入したい家庭に向いているウレタンコーティング、床の保護よりも艶を出したいというアクリルコーティングなどがあり、それぞれに特徴があります。

仕上がりを重視するなら

フロアー

フロアコーティングは自分で行う事も出来ますが、下準備が必要・コーティング剤がムラになるなど、意外と難しいものです。手間暇を省き美しい仕上がりを求めるなら、フロアコーティングを専門に行う業者に依頼しましょう。

光沢のあるフロアを維持

部屋

フロアコーティングにより、光沢のあるフローリングを10年、20年と維持する事が出来ます。これは新築時の美しさを長く保てる点が大きなメリットとなります。また、工法の種類は豊富でどれを行えばいいか判断するのは難しいと思うので、専門業者に依頼するのがおすすめです。